好きになってくれた人の気持ちを大切にしてみる

生きかたをデザインしよう
生きかたをデザインしよう

"相手のことを大切にする"
"自分のことを大切にする"
 

 
その方法はいろいろあるけど
 

 

 
あなたのことを
選んでくれた人が
あなたを選んでくれた理由
 

  
あなたのことを
大切に思っている人が
あなたを大切に想う理由
 

 
どんな時も
あなたの側にいてくれる人が
側にいつづけてくれる理由を
 

 
素直に受け取ってみる
っていうのも
ひとつの方法かもしれません。
 
 
 

 
大学時代
年上の彼から別れを告げられた日
 

 
別れの理由が理解できなかった私は
「私の、好きだったところを教えて」
って、最後に彼にききました。
 

 
その時の彼は
「人生を楽しめるところ」
ってこたえてくれたんだけど
 

 
私にはそれも意味がわからなくて
「何それ、そんなこと聞きたいんじゃない」
って
 

 
すごくモヤモヤした記憶があります。
 

 
 
 
でも、あらためて今
友達やコーチ仲間やクライアントの方が
なぜ私を選んでくれてきたのか
見つめ直してみると
 

 
彼の言葉と
繋がってくることが
実はとっても、たくさんあります。
 

 
 
 
そして
今となっては
彼の言葉は
 

 
自分に自信がなくなった時に
ふっと背中を押してくれる
言葉にもなっています。
 

 
 
 
自分を選んでくれている人は
もしかして自分以上に
魅力に気づいてくれているのかもしれない。
 

 
そして
それに気づけない状態をつくっているのは
自分自身なのかもしれません。
 
 

 
 
「えーー?そこーーー!?」
って思うことも
 

 
「こう思われたい」
「こう思われるべき」
っていう気持ちを一旦外してみて
 

 
大切な人たちが伝えてくれる言葉を
一度書き出して
そのまま受け止めてみたら・・・?
 

 
もしかしたら
新しい発見があるかもしれません。
 

 
 
だって
その人たちは
 

 
あなたのことを
いつも見ていて
側にいてくれているんですから。
 

 
そしてあなたも
その人の側を選んでいるんですから。
 

 

立高52期 キャリアコーチ

 

 

 

山下に聞いてみたいことがあったら

▼Click Here▼

post

 

コーチングのこと

ちょっと知りたいかも!と思ったら

▼Click Here▼

 

concept

educommu libraryは、
「教育現場でコーチングを活かしていきたい」
「自分の魅力を知り活かしていきたい」
「自分らしさを大切に未来を選んでいきたい」
先生や学生のためのウェブメディアです。
木漏れ日が差し込む図書館で、本のページをぱらぱらとめくりながら、
今の自分にふっと語りかけてくる本を見つける・・・
そんな気持ちでお読みいただけたら幸いです。